クレジットカードのキャッシングの注意点

キャッシングというと、アイフルやアコムなど消費者金融業者から借りるのイメージが強いでしょうか。
キャッシングをしている方の多くがそうだと思います。

しかし、消費者金融でしかキャッシングができないわけではありません。
日常で買い物に使用している、クレジットカードにもキャッシング機能というものがあります。

クレジットカードを持っている方の多くが、新たな契約をしなくてもお金を借りることができるのです。
多くのクレジットカードがショッピングだけしか使えないというわけでもありません。

ただし、クレジットカードの場合には、注意をしなければいけないポイントとして限度枠があります。

消費者金融などでは、資金力が豊富なところも多く、かなり高額の借り入れができるところも多いです。 限度枠が300万円や500万円というところもあります。

一方で、クレジットカードの場合は、50万円や100万円というところがほとんどです。クレジットカードは、比較的簡単に契約ができますが、高額のキャッシングを利用したいと思っている方にとっては限度額はあまり大きなメリットがないので、注意が必要です。

オリックスクレジットなら、最高限度額が800万円まで、利息も3.5%~14.8%ですから、大きいお金を借りるのであれば、クレジットカードよりも経済的な利用が可能です。

キャッシングの注意点

お金が必要になったら、いつでも好きなときに借りることのできるキャッシング。しかし、注意して利用しないと大変なことになってしまいます。

1.計画的に使用する。
「ご利用は計画的に」と必ず言われますが、これがなかなか難しいものです。特に小額のキャッシングだと「借金をしている」という実感が薄いため、気軽に繰り返しているうちにいつの間にか借入額が大きくなっていた、という事態になることもしばしば。それを防ぐために、キャッシングしたらすぐに手帳に借りた金額と日付を記入しておきましょう。自分が今いくら借りているのか、確実に把握することが重要です。

2.利率を計算する。
キャッシングは「借金」ですから、返済の時には利息を付けて返さなければなりません。そこで、初めてキャッシング会社を選ぶ際には利率に注目するのも大事です。キャッシング会社は大手銀行系列が安心ですが、金利は会社によって4~18%と差があります。借り入れ金額によっても違いが出ますので、自分はいくら借りるつもりで、どれだけ利息が付くのかを事前にシミュレーションしてみると良いでしょう。

3.返済方法を考える。
返済方法は大きく分けて一括払いと分割払い、リボ払いの三種類があります。
分割払いは借りたお金と金利手数料を決まった回数に分けて返済する方法で、3万円借りて3回払いにした場合、月々1万円+金利手数料を3回繰り返せば返済完了となります。
これに対し、リボ払いは毎月決まった金額を返済する方法で、月々1万円ずつ返していき、3万円+金利手数料に達したところで返済完了です。
分割払いとリボ払いは一見同じように見えますが、毎月利息が加算されるので、結果的に返済が長期化することになります。キャッシングの際には返済方法もよく考えて借りましょう。